木村拓哉が、家族とのハワイ旅行より映画宣伝に力を入れた背景

8月24日に封切りの映画『検察側の罪人』(原田眞人監督)。 

 ジャニーズの木村拓哉(45)、二宮和也(35)のW主演という看板もあり、“あらかじめヒットが約束された”ような映画だ。

「でも、ちょっとやそっとのヒットじゃ誰も満足しない。狙うは今年の邦画ナンバー1。関係者の“あわよくば感”が伝わってきますね」

 スポーツ紙映画担当記者が、そう明かす。

 事前の宣伝も抜かりはない。報道番組やバラエティー番組など、木村・二宮コンビは出まくった。雑誌の表紙も飾った。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)