孤独死、認知症、入居拒否に負けない! 強くたくましい“おひとりさま”になるには?

孤独死、認知症、入居拒否に負けない! 強くたくましい“おひとりさま”になるには?

おざわゆきさん

夫に先立たれた80歳のベテラン作家が、家族の軋轢から“終の棲家”を家出。ネットカフェ難民になったり、恋に落ちたりしながら、老後に立ちはだかる孤独死、認知症、入居拒否などのさまざまな壁を乗り越えていくコミック『傘寿まり子』(講談社刊)がいま、話題に。

 今年5月には第42回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。パワフルなおひとりさまシニア・幸田まり子の冒険ストーリーは、女性たちから広く共感を集めている。

 結婚しても、しなくても、いつか誰もがおひとりさまに。老いて迎えたそのとき、どう生きればいいのかーー。主人公・まり子が向き合う不安や惑い、さまざまな困難は、高齢化が加速する日本社会が抱える問題でもあり、リアルさに満ちている。

 著者の漫画家・おざわゆきさんに話を聞いた。

「連載が終わり、次の作品をどうしようかと考えたとき、おばあちゃんを描きたいと思いました。前作が戦争ものだったので、取材でたくさんの高齢者に会い、お話を聞いたのがきっかけです。また、70代の義母が講師をやっている関係で民舞を習っているのですが、60〜80代の生徒さんが大勢いて、身近に接していたことも大きかった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)