『サバイバル・ウェディング』波瑠の妄想シーンのアニメ制作現場に潜入してみた

『サバイバル・ウェディング』波瑠の妄想シーンのアニメ制作現場に潜入してみた

撮影/山田智絵

現在放送中のドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系、毎週土曜夜10時〜)。その中で波瑠演じる主人公・さやかの妄想シーンに使われている“コマ撮りアニメ”の制作現場に潜入! 手がけるのは、数々のキャラクター開発とコマ撮りアニメーションを制作してきた「ドワーフ」。それ、どうやって作ってるの? その秘密に迫ります!

 NHKのどーもくんや、大人気のキャラクター・こまねこの“生みの親”であり、本作も手がける合田監督。

「通常、1日に3〜4秒分のアニメを撮るんですが、今回は1日でなんと15〜20秒! 自分たちにとっては大冒険ですが、苦しむのは嫌なので(笑)、いかに楽しんでやるかが勝負です。

 いつもの人形は人間と同じようにポーズができる。でも今回は、時間を省くためにほとんどの関節をなくし、首だけが動くコケシ型にしました。さらに表情がよく表れる口や眉も思い切って省いて、顔のパーツはほぼ目だけに。

 簡略化させたことでつまらなくなるのではなく、逆に可愛さが増せばいいなと。民芸品を愛でるみたいな、そういう気持ちで作っています」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)