自殺者数がピークの8月末、夏休み明けに死にたくなる子どもたちを救うには?

自殺者数がピークの8月末、夏休み明けに死にたくなる子どもたちを救うには?

デザイナーの指導で雑誌を切り貼りし、作品を作る子どもたち

夏休みが終わり、もうじき2学期。新学期に心躍らせる児童や生徒がいる一方で、学校に心が押しつぶされてしまう児童や生徒もいる。

 自殺総合対策推進センターは先ごろ《8月下旬、9月上旬に自殺者が多く、8月下旬に自殺者数のピークが見られる》と発表。教育関係者や保護者などに危機感を訴えた。

 2006年から'15年までの10年間の数字を見ると、8月下旬から9月上旬にかけてが“魔の時”で、小中高生計275人が自ら命を絶った。

「学校が嫌いなのであれば積極的に逃げるべき。命を絶っては元も子もないですから」

 そう訴えるのは、不登校児を持つ親の相談を受ける『寄り添いを考える会』代表の廣田悠大さん(23)。自身も中学時代、いじめで不登校になった経験がある。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)