みやぞん、愛犬ラブちゃんとの感動ゴールで手にした “高額なギャラ” の使い道

みやぞん、愛犬ラブちゃんとの感動ゴールで手にした “高額なギャラ” の使い道

みやぞん

『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、番組史上初のトライアスロン形式でのチャリティーランナーに挑んだ、ANZEN漫才のみやぞん(33)。

「残暑が厳しい中で、今回はスイムとバイクもありましたから、番組が始まる前からスイムをスタートさせました。競技を連続して行わないように工夫していたことで、みやぞんへの負担も最小限にとどめて、無事にゴールまで行くことができましたね」(番組関係者)

 ここ数年、番組出演者へのギャラ問題が何かと話題になっている『24時間テレビ』だが、今回のみやぞんのギャラも過去にない金額が用意されていたという。

「一部週刊誌でも報じられていましたが、過去のチャリティーマラソンのギャラはここ数年は1000万円と言われています。さらに、1年間は日本テレビの番組に多数出演することができ、年間にすればさらに数千万円の出演料を手にすることになるというのが、今までのパターンでした。

 今回のみやぞんは過去にない過酷なトライアスロン形式でしたから、倍額の2000万円が支給されるようです」(前出・番組関係者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)