広瀬すず 煮詰まっているときに必ず出会える「歩くパワースポット」な存在

広瀬すず 煮詰まっているときに必ず出会える「歩くパワースポット」な存在

広瀬すず 撮影/廣瀬靖士

「3〜4年前、知り合いにすすめられて原作の韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を見たんです。そうしたらドハマりして、なんて面白いんだろうと思って。オファーが来たときは本当にビックリして、すごい叫んでしまいました。うれしくて(笑)」

 笑顔を見せる広瀬すず(20)。大ヒット作『モテキ』『バクマン。』などを手がける大根仁監督が映画化を熱望し続けた韓国作品の舞台を日本に移し、コギャルブームに沸く’90年代に高校生時代を過ごした仲よし女子グループ・サニーの20年後を描いた『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。通り過ぎた’90年代や高校生時代を懐かしく振り返り、いまを生きるそれぞれのメンバーに自分を重ねながら爆笑して号泣できる青春映画となっている。

 “コギャル”といえば、短くしたスカートにルーズソックス、ラルフローレンのカーディガンとベスト。小麦色の肌に、細眉。そして弾丸トークと、あふれる笑顔。

「衣装合わせから、見たことのないファッションで楽しかったです。コギャル監修の方がいて“ルーズソックスはこの長さで”の“この長さ”の意味がわかるんです。それは、同じ女子だからだと思う。言葉遣いとか、所作も意識しました。’90年代の女子高校生には“無敵感”がありますよね。今の子のほうがシャイかもしれない。それがいいのか悪いのかわかりませんが、目立つことが悪くとらえられる時代でもありますし。絶対にコギャルになったほうが楽しいと思いました。もっとJK(女子高生)頑張れ! って(笑)」

 演じる奈美が淡路島から転校した先の東京の女子校で出会った5人の仲間“サニー”。最初は、東京のコギャルに押されていた奈美だが、徐々になじんでいく。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)