『徹子の部屋』を支える石橋恵三子さん「生けた花は1度として同じ姿はありません」

『徹子の部屋』を支える石橋恵三子さん「生けた花は1度として同じ姿はありません」

石橋恵三子さん 撮影/北村史成

テレビ番組や映画のセットで飾られる花、出演者が口にする飲み物や食べ物など、使用後は消えてなくなるもののことを「消えもの」という。著者の石橋恵三子さんは日本で初めて「消えもの」を準備する係を担当した、この道一筋50年の大ベテランだ。

 テレビ局内に「消えもの室」というセクションができたのも彼女がこの仕事を始めたことが端緒となった。そんな彼女の仕事で有名なのはなんといっても放送から42年を迎えた超長寿番組『徹子の部屋』で黒柳徹子さんとゲストの間に飾られるフラワーアレンジメントだろう。

「放送第1回から伴走していますので、徹子さんと同じ年数を経験しているスタッフはもう私だけです。花はゲストのイメージをもとにアレンジしますが、これまで生けた花は1度として同じ姿はありません」

 実際、石橋さんは『徹子の部屋』で飾った花の記録を1976年2月2日の放送回からすべてアルバムに保管している。

「いつ、誰をゲストに迎えたときに、どんな花を生けたのか。番組の公式カメラマンが撮影した、徹子さんとゲスト、そしておふたりの間の花との“スリーショット”をファイルしたアルバムは私の仕事の歴史の記録であり、宝物でもあります。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)