滝沢秀明がジャニーズの後継者に指名のウラで “選ばれなかった”光一

滝沢秀明がジャニーズの後継者に指名のウラで “選ばれなかった”光一

光一が“後継者”になれない理由とは?

『週刊文春』(9月6日号)で、《ジャニー喜多川社長が指名 「ジャニーズの後継者は滝沢秀明」》と題した衝撃のスクープが報じられた。

「何でも、大きな病を患っているというジャニーさんが、自分の後継者にタッキーを指名したというのです。“後継者”というからには、ジャニーズ事務所の次期社長の座を指すのでしょう。これは内部のみならず、芸能界を揺るがす大人事となりそう」(スポーツ紙記者)

 '16年のSMAP独立、解散騒動において、彼らのマネージャーを務めていたIさんが退社。次期社長ともウワサされた彼女がいなくなったことで、メリー喜多川副社長の娘であるJさんが座をものにした、と見られていた。

「その後のジャニーズはまさに彼女主導のもとで動いていますが、ジャニーさんは納得していないということでしょうか。“I派”でも“J派”でもない、ジャニーさんが寵愛し、信頼する“ジャニー派”のタッキーに、ジャニーズの大改革を託そうとしているのかもしれません」(芸能レポーター)

 13歳にして入所した“タッキー”こと滝沢秀明は、現在のジャニーズの屋台骨である『嵐』、『関ジャニ∞』、生田斗真、今井翼らそうそうたるメンバーが顔をそろえた「Jr.黄金期」のリーダー格だった。そして'06年に始まった『滝沢演舞城』、'10年から自ら演出を手掛ける『滝沢歌舞伎』でも多くのJr.を従えてきた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)