塚原千恵子氏による体操女子「パワハラ支配」と「引き抜き工作」の全貌

塚原千恵子氏による体操女子「パワハラ支配」と「引き抜き工作」の全貌

8月30日の朝、自宅から出てきた“女帝”は報道陣に何も語らず

スポーツ界のパワハラ体質はいったいどこまで広がっているのか─。宮川紗江選手の告発で、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長が“女帝”としてクローズアップされている。

 一連の問題の発端は、8月15日に速見佑斗コーチが宮川選手に対する暴力行為で処分されたことだった。

 21日になって、宮川選手が弁護士を通して《パワハラされたと感じていません》という直筆文書を発表。指導継続を求める意思を明らかにした。

 29日に宮川選手が記者会見を開く。暴力行為があったことは認めながらも処分が重すぎると訴え、体操協会の幹部である塚原夫妻からのパワハラを告発した。速見コーチに処分が下される前の7月15日、彼女は塚原夫妻から味の素ナショナルトレーニングセンター(以下、NTC)内の小部屋に呼び出されたという。

「宮川選手の証言は、かなり具体的でしたね。“暴力の話が出ている。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見の100倍教えられる”と詰め寄られ、暴力があったと証言するよう求められたそうです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)