「綾瀬コンクリ殺人」の元少年Cも再犯!戦慄走る周辺住民、30年前の記憶と恐怖

「綾瀬コンクリ殺人」の元少年Cも再犯!戦慄走る周辺住民、30年前の記憶と恐怖

事件現場。容疑者は写真右スペースでUターンする車を威嚇していた

「現場検証で警察が凶器のナイフを探しているとき、逮捕された男はニヤニヤと笑いながら、アパートの前に座ってその様子を見ていました。連行時は周辺のヤジ馬をずっとにらみつけていました。いずれは帰ってくるって考えると怖いです」

 事件現場近くの女性住民は、声を震わせながらそう話す。

 連行された男は、埼玉県川口市東内野在住の無職・湊伸治容疑者(45)。逮捕容疑は殺人未遂。8月19日の夕方、自宅アパートの駐車場で事件は起きた。

「駐車場に関するトラブルから口論になり、犯人が自家用車から警棒とナイフを取り出し、32歳男性の右肩を殴ったうえ首を折りたたみ式ナイフで刺しました。警棒は金属製で3段式のもの。ナイフは刃渡り8センチ、全長19センチのもの」

 と捜査関係者。男が争う声に驚いたという近隣男性が、そのときの状況を伝える。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)