友近、ロバート秋山の新キャラに太鼓判「女性は見る価値はありますよ」

友近、ロバート秋山の新キャラに太鼓判「女性は見る価値はありますよ」

友近(左)、秋山竜次(右) 撮影/森田晃博

CM出演は8社。さまざまな職種の人物になりきった『クリエイターズ・ファイル』が好評で『2018上半期男性タレントCM起用ランキング』では3位にランクインした秋山竜次(ロバート)。『台湾観光アンバサダー』を務めるなど、コントのキャラクターの枠を超えて活躍する水谷千重子を演じる友近。そんな憑依芸に定評のある2人が、動画配信サービス『大阪チャンネル』で、なりきり映画番組『国産洋画劇場』をスタート!

秋山「この番組はロケ地から設定など、すべてを国産にこだわった映画を作るという番組。コントではないので、一切ボケていません!」

友近「もしかしたら、似たような作品を見たことがあるという方もいるかもしれませんが、すべてオリジナルです」

 でも資料を見ると、大ヒット映画を彷彿とさせるラインナップばかりですが(笑)。

秋山「僕はこれまで1度も映画を見たことがないので、もし似ている作品があるなら偶然かと。先日、力士を描いた『六城』という作品を撮り終わったのですが、これは挫折した力士が、和菓子屋の娘と出会ったことで、再起するという話です」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)