土屋太鳳×芳根京子「ハグをし合って、一緒に歩める人だったから乗り越えられました」

土屋太鳳×芳根京子「ハグをし合って、一緒に歩める人だったから乗り越えられました」

芳根京子、土屋太鳳 撮影/廣瀬靖士

土屋「監督がいつも、業界用語っぽく、面白おかしくアドバイスなどをしてくださって。“シースー(寿司)”みたいに、“タオツチヤは〜”という感じで(笑)」

芳根「途中からなぜか、太鳳ちゃんのことを、インスタグラムのアカウント名である“タオツチヤオフィシャルは〜”って言い始めたり(笑)。“どういうこと!?”って、思わずツッコんじゃいました」

 映画『累-かさね-』で、ダブル主演を務める、土屋太鳳(23)と芳根京子(21)。“キスをすると、顔が入れ替わる”という設定のため、2人で1役、1人で2役を演じるという、難しい役どころだが、

芳根「普段は、私が演じる役の感情は、私しか心に持っていないんですけど、今回は太鳳ちゃんも同じ感覚、同じ感情を、共有していて。自分がつらいときも、そのつらさをわかってくれる人がいる心強さは、2人1役、1人2役だからこそ、味わえたと思います」

土屋「累とニナの関係性は、お互いに強く求め合いながらも、はねのけてしまう瞬間があって。難しい、苦しい役でしたが、きょんちゃんのように、現場で話し合って、手を取り合って、ハグをし合って、一緒に歩める人だったからこそ、乗り越えられました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)