樹木希林&内田裕也、クセのある老夫婦の同居を計画する息子・本木雅弘

樹木希林&内田裕也、クセのある老夫婦の同居を計画する息子・本木雅弘

左から内田裕也、本木雅弘、樹木希林

8月13日に左大腿(だいたい)骨を骨折して緊急手術をしていた女優の樹木希林(75)。

 現在は容態が落ち着いたというが、一時は危篤状態だったということを8月30日、義理の息子で俳優の本木雅弘(52)がコメントで明らかにした。

 本木によると、2013年に公表した“全身がん”の治療の影響で、肺のあたりが弱っており「一時は危篤状態の場面もありましたが、無事に危機を回避した」と胸をなで下ろしているという。

 全治は約6週間。現在は「少し声が出ない状態」だが、懸命にリハビリに励み、快方に向かっているという。

 樹木は8月13日に知人宅の外階段で転倒し、娘の内田也哉子(42)に付き添われてすぐに病院へ。折れた大腿骨にチタンを入れる手術を15日に受けたというが、その麻酔が効いていない手術直前、激痛の最中に夫で歌手の内田裕也(78)に一本の電話をしたのだという。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)