“秋バテ”や熱中症、低体温症で死の恐れも! 残暑がもたらす健康被害の防ぎ方

“秋バテ”や熱中症、低体温症で死の恐れも! 残暑がもたらす健康被害の防ぎ方

※写真はイメージです

連日の酷暑で寝苦しかったり、疲れがたまっていたり……。残暑を前に体調を崩してしまった人も多いのでは? まだまだ暑さが続きそうなこれからの時期、どんな症状に気をつければいいのか。医学博士で医学ジャーナリストの植田美津恵先生に話を聞いた。

 夏場の疲れがたまり、弱っている秋口も熱中症の危険大。植田先生によると、

「特に年配の方は、秋に入り熱中症が世間で騒がれなくなると、水分補給を忘れてしまう人も多い。定期的に飲む癖をつけるようにしましょう。

 目安は1日1〜1・5リットル。お茶は利尿作用があるので水がオススメです。食事どきやお風呂の前後など、時間を決めて、7回くらいに分けて飲むこと。“のどが渇いたから飲む”では手遅れになる場合もあるので、早めの補給を心がけて」

「低体温症は、冬より夏のいまこそ油断しがちで危ない!」と植田先生。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)