週刊文春で女子大生と熱愛報じられた嵐の櫻井翔、劣化ぶりが話題 高須克弥院長が解説

記事まとめ

  • 週刊文春で"ミスコン女王"の女子大生との熱愛が報じられた嵐の櫻井翔
  • 隣にいるのが小川彩佳アナじゃないという動揺と同時に、櫻井翔の劣化ぶりに衝撃も
  • 『検察側の罪人』に出演した二宮和也や他のメンバーは変わらぬルックスを保っている

櫻井翔のデカ顔問題&嵐の中年化に高須院長「劣化してないのはひとりだけ!」

『週刊文春』で現役女子大生、しかもミスコン女王の美女との熱愛が報じられた櫻井翔(36)。

“隣にいるのが小川彩華アナじゃない!?”というファンの動揺と同時に、張り込み写真に写ったプライベートな櫻井の姿を見て、「顔パンパン」「普通にオッサン」「お肌の衰えにも驚いた」と、その劣化っぷりに衝撃を受けるファンも多くいた。

 体形そのものは特に太ったように見えない櫻井だが、昨年末の第68回NHK紅白歌合戦でも顔のむくみが指摘されるなど、ネットでは“甘ベビーフェイス×デカ顔”のインパクトも話題になっている。

 一方、今夏、映画『検察側の罪人』のプロモーションでテレビ露出が増えた二宮和也(35)は、変わらぬルックスを維持しており、他のメンバーも若々しさを保っているように見える。

 なぜ同世代でもメンバーによってこんなに差が出ているのか? 男性芸能人の劣化にいつも鋭く目を光らせている美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)