西日本豪雨の被災地が今も抱える苦悩「ペットのことまで気持ちが回らない」

西日本豪雨の被災地が今も抱える苦悩「ペットのことまで気持ちが回らない」

避難所は布の仕切りによってプライバシーが保てるようになっている

西日本豪雨の発生から2か月が過ぎた。被災地は現在、どうなっているのだろうか。とりわけ大きな被害を出した岡山県倉敷市真備町を訪ねた。

 8月半ば、現地ではテレビで見たがれきの山はほとんど撤去され、ところどころに新たながれきが積まれていた。生活感は、ほとんど感じられない。家の中に風を通すためなのか、浸水した住居の1、2階の窓がすべて開放されていた。

 市内24か所の避難所では現在、913人の被災者が暮らしている(8月29日時点)。そのうちのひとつ、市立薗小学校の体育館では37世帯、74人が避難生活を送っていた。

 平日午後の時間帯、若い人たちは仕事や自宅の片づけに出かけているのだろう。体育館にいるのは、お年寄りや夏休み中の子どもたちだけだ。

 倉敷市市民局男女共同参画課で避難所を担当する、三谷潤二郎さんが言う。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)