「貯金があるケチ男」「気前がいい借金男」男女がぶつかる “お金” の価値観

「貯金があるケチ男」「気前がいい借金男」男女がぶつかる “お金” の価値観

男女の金銭感覚は、相性と同じくらい大切

結婚前提のおつきあいが始まった時に一番揉めるのが、お金の問題です。それは、金についての考え方と使い方が、人によってまったく違うからです。婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『金銭感覚と貯金の有無について』です。

 里江さん(35歳、仮名)は、自営業の石橋さん(47歳、仮名)とお見合い後、交際に入りました。石橋さんは、年収が1200万円ありました。

 お見合いの立会いで私もお会いしたのですが、ひと目でブランドものだとわかる仕立ての良いスーツを着た、洗練されている紳士でした。

 先日のデートの様子を里江さんは、こう話してくれました。

「待ち合わせ場所に、ベンツで迎えに来てくださいました。そこからすごくおしゃれな郊外の一軒家レストランに行って、フレンチをご馳走になりました。年がひと回り上だけれど、見た目も若々しいし、このままいいお付き合いをしていけたらと思っています」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)