「いじめ対応」子どもたちを支え、真の“解決”に導くために必要なこととは?

「いじめ対応」子どもたちを支え、真の“解決”に導くために必要なこととは?

※画像はイメージです

いじめ予防や対応するために、現場はどのように取り組むべきだろうか。

 8月31日、都内で「出張駆け込み寺 合同仮面相談会」が開かれ、学校に通えない子どもや保護者、教育関係者が集まった。主催は、いじめ問題に取り組む一般社団法人『ヒューマン・ラブ・エイド』(HLA)。

 簡単なレクリエーションで身体を動かしたあと「相談〜おしゃべり広場」で、高校生が学校の悩みについて臨床心理士に相談していた。保護者も一緒に話を聞く場面もあった。

 この時期に相談会を開いたのは、夏休みの終わり前後に、子どもの自殺が多いという統計があるからだ。

 国の自殺総合対策推進センターがまとめた、1973年度から2015年度の「通学適齢期の自殺者数に関する分析」(速報版)によると、9月1日のみが3ケタを超え、中学生と高校生では最多。小学生は8月28日と30日が多い。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)