<札幌・指導死>部活顧問が生徒に行った連絡禁止、反省文15枚の“死に至る指導”

<札幌・指導死>部活顧問が生徒に行った連絡禁止、反省文15枚の“死に至る指導”

大輝くんの仏前に手を大輝くんの仏前に手を合わせる美和さん。学校や顧問の対応を問題視している

'13年3月3日、北海道札幌市内の市営地下鉄に町田大輝くん(当時16=仮名)は飛び込み、自殺した。母親は、所属していた吹奏楽部の顧問による不適切な指導が原因として、'16年3月、北海道を相手に提訴した。

 札幌地裁(高木勝己裁判長)で今年7月、顧問や教頭、生徒指導部長(いずれも当時)と母親の美和さん(仮名)が、8月には同級生の元部員・Aくんが証言した。このような裁判で、元同級生が証言をするのは珍しいといわれている。

 教員の指導に起因する児童・生徒の自殺は「指導死」と呼ばれる。大阪市の桜宮高校で、バスケットボール部のキャプテンが自殺した事件はよく知られているが、その背景には顧問による体罰があった。しかし、暴力がないものの、心理的な圧迫感を与えた結果、自殺に至ることもある。

 訴状などによると、'13年2月に吹奏楽部内でメールをめぐってトラブルが起きた。顧問は「売り言葉に買い言葉」としながらも、大輝くんだけに指導を行い、メールの相手である部員は“おとがめなし”だった。

 3月にも部活内で別の問題が起きたが、このときも大輝くんだけが指導された。翌日、大輝くんは自殺した。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)