小林麻耶さん、男性と子宮系のイベントで出会ったと報道 受講料49万円のイベントも

小林麻耶さん、男性と子宮系のイベントで出会ったと報道 受講料49万円のイベントも

記事まとめ

  • 小林麻耶さんが、結婚相手と子宮系のイベントで出会ったと報じられ注目が集まった
  • 子宮系とは"子宮を大切にすれば、すべてが好転する"と公言するグループのことだという
  • 子宮系のカリスマが仕切るイベントは受講料が49万円だったこともあるとライターは話す

小林麻耶が夫と出会ったという“子宮系イベント”のトンデモすぎる実情

小林麻耶が夫と出会ったという“子宮系イベント”のトンデモすぎる実情

小林麻耶

「子宮系とは、'15年ごろから若い女性の間で流行し始めた“子宮を大切にすれば、すべてが好転する”と公言するグループのことです」

 そう語るのは、“子宮系”の取材をしているというライターの山田ノジル氏。

 9月に一部週刊誌で、芸能界を引退した小林麻耶の結婚相手が宇宙のパワーとつながる“宇宙ヨガ”の使い手で、彼とは子宮系のイベントで出会ったことが報じられて注目が集まった。

「子宮系のカリスマが仕切るイベントでは、参加者とのカウンセリングを行っており、相談者が“私の子宮、どうなんでしょうか?”と聞くと、“あなたの子宮は、ピンクでキレイだから大丈夫”なんて言われるそうです。

 これで1時間4万9000円も取られるのに、みんながこぞって参加するのです。ひとりエッチの仕方などを教わるセミナーもあり、受講料が49万円だったことも。どちらも値段が49なのは“シキュー”というダジャレなのですが、何とも怪しいですよね」(山田氏)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)