市村正親が妻・篠原涼子との不仲説を一蹴 映画アフレコイベントで危機管理能力を発揮

市村正親が妻・篠原涼子との不仲説を一蹴 映画アフレコイベントで危機管理能力を発揮

記事まとめ

  • 俳優の市村正親(69)が妻で女優の篠原涼子(45)との不仲説を一蹴した
  • 市村は映画の本予告公開アフレコイベントで、見事な危機管理能力を発揮したという
  • 市村はメディアに目を通し、自分から「こんなこと書かれちゃってね」とネタにするそう

市村正親の危機管理能力がすごい、篠原涼子との不仲説を一蹴した熟練の対応

市村正親の危機管理能力がすごい、篠原涼子との不仲説を一蹴した熟練の対応

妻の篠原涼子との不仲説を一蹴した市村正親

俳優の市村正親(69)が妻で女優の篠原涼子(45)との不仲説を一蹴。そんな芸能記事が先ごろ、スポーツ紙やネットニュースを飾った。

 先日、都内で行われた映画『Merry Christmas!〜ロンドンに奇跡を起こした男〜』の本予告公開アフレコイベントに出席した市村。

 現場には、芸能メディアの切り込み隊長として知られる情報番組ディレクターが出席していたが、そこで発揮されたのは市村の見事な危機管理能力だった。

 舞台関係者は、

「市村さんはメディアによく目を通していますよ。自分たちのことについて書かれていることはよく知っています。自分から、“こんなこと書かれちゃってね”と、ネタにするほどです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)