元ホームレスの夢「この生活を脱して、家族と一緒に会場で五輪を観戦したい」は叶うか

元ホームレスの夢「この生活を脱して、家族と一緒に会場で五輪を観戦したい」は叶うか

山谷のいろは会商店街では午後6時を過ぎるとテントを張る人が

東京五輪まであと2年を切った。首都東京では世界中から選手団・観戦客を迎えるためのさまざまな準備が急ピッチで進められている。一方、五輪のために居場所を奪われることを心配する人たちの声はなかなか表に出てこない。

 そこで週刊女性は、当事者を訪ねて聞き歩きをする路上ルポ短期連載『五輪とホームレス』をスタートさせた。第1回では、“山谷”に住む男性に焦点をあてる。

「今年3月に500メートルはあったアーケードがなくなってね。40年たって老朽化したから、撤去したのです。費用は東京都が8割、台東区が1割、商店街が1割を負担。商店街は最盛期には120店あったんだけど、いまはたったの30店だから、そんなに売り上げもないのに、1店で50万円も出したんですよ」

 と、都内随一の労働者の町“山谷”の中心部にある「いろは会商店街」の70代の男性店主は話す。

 山谷とは、観光スポットの浅草雷門から北西に2キロほどの台東区清川・日本堤・橋場と、荒川区南千住付近を指す。昔から日雇い労働者の町として知られ、格安の木賃宿が100軒以上も軒を連ねていた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)