カイヤがまだ「鬼嫁」じゃなかった頃に見せていた本当の顔

カイヤがまだ「鬼嫁」じゃなかった頃に見せていた本当の顔

ゲッターズ飯田に手相を占ってもらっているカイヤ

今度ばかりは“ネタ”ではないようだ――。

 約14年間の別居生活を続けてきた川崎麻世とカイヤ夫妻が、ついに離婚訴訟に至ったという。イベントやテレビ出演などで、たびたび“離婚ネタ”を繰り出し話題づくりをしてきた夫妻だが、今回は2年間にわたる離婚調停が不成立に終わり、裁判へと移行する。

 1990年に結婚した川崎麻世とカイヤ夫妻。そもそも別居前から麻世の女性問題はマスコミを賑わしていた。結婚3年後に斉藤由貴との不倫が発覚した麻世は謝罪会見を開いたが、会場では腕を組み仁王立ちしたカイヤが鬼の形相で麻世を睨みつけていた。

「夫の不倫の謝罪会見に妻が同席するなんて、前代未聞でしたからね。恐妻ぶりが印象付けられましたが、その後も麻世は何度も浮気。カイヤも、浮気する麻世をお仕置きする“鬼嫁”キャラに変わっていきました」(芸能ジャーナリス)

 夫妻と長年にわたり交流のあるキャシー中島は、コメンテーターを務める『バイキング』(フジテレビ系)で「結婚して5年目ぐらいのころは、カイヤはいつも優しい顔をして麻世のことを見ていて……。浮気が分かった時もいつも泣いていました」と、かつてのカイヤを振り返り、「カイヤをこんな風に変えたのは麻世です」とカイヤを擁護した。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)