沢田研二だからこそできた決断、意地とプライドを支持する声も

沢田研二だからこそできた決断、意地とプライドを支持する声も

コンサート中止の経緯を説明する沢田研二

10月17日、さいたまスーパーアリーナでの開催予定の公演の中止を、「契約上の問題が発生したため」と、開場直前に発表したことが大きな話題を集めた、沢田研二。

 翌日には報道陣を前に、観客が予定よりも少なかったことから、「僕にも意地があります」とコンサートの中止は自身が決断したと明かし、謝罪した。

 ワイドショーやスポーツ紙などでも賛否両論でこの話題を大きく取り上げた。

「中止の理由が、アーティストとしてのプライドだったところは、ジュリーらしいなという印象でした」

 と、ある芸能記者は言う。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)