ジャニーズの会見は「まるで公開処刑」メディアを利用したファンサービス

ジャニーズの会見は「まるで公開処刑」メディアを利用したファンサービス

写真はイメージです

卓球の福原愛が引退会見を開き、その最後に、報道陣との「記念写真を撮りたい」と願い出て一緒に写真に収まったことが先ごろ、ほほ笑ましいニュースとして報じられた。

「それに比べれば、あれはメディアを利用しただけ。公開処刑ですよ」

 ワイドショーデスクがそう指摘するのは、ジャニーズ関連の2つの会見で起こった出来事だ。

 5人組のA.B.C.‐Zと、4人組のふぉ〜ゆ〜。それぞれ舞台がらみの記者会見を行ったのだが、出来事はそこでのものだ。スポーツ紙記者が明かす。

「A.B.C.‐Zの会見は主演舞台が行われている、日生劇場の昼の部が終わった後、客席に観客がいる中で行われました。メンバーの河合郁人が、これから記者会見をやるので見てってください、ってファンに呼びかけたのです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)