「ノーギャラでも!」とユースケがすがった番組が終了も、進行する“YouTube移転計画”

「ノーギャラでも!」とユースケがすがった番組が終了も、進行する“YouTube移転計画”

ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリアがMCを務める『オトナに!』(TOKYO MX)が10月10日で最終回を迎えた。

「クリエイターのいとうせいこうさんと2人で各界のオトナをゲストに迎え、ゆる〜いトークをする番組でした。‘12年にTBSで始まった『オトナの!』を引き継いでいますから、足かけ7年にわたる長寿番組。ユースケさんの軽妙な司会が人気でしたね」(テレビ誌ライター)

 今では司会者や俳優のイメージが強いが、デビュー時はミュージシャンだった。

「ラテンロックバンドBINGO BONGOのボーカルとしてデビュー。ステージでの仕切りがうまくて、音楽番組の司会をするようになりました。当時、フジテレビのプロデューサーだった亀山千広さんがそれを見て、ドラマ『踊る大捜査線』にキャスティングしたんです」(音楽ライター)

 ‘98年に『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)がスタート。草なぎ剛とコンビを組んだ自由すぎる進行で、タレントとしても活躍の場を広げた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)