女優ハンター・イモトアヤコの豪華過ぎる“女優枠”友達と私生活

女優ハンター・イモトアヤコの豪華過ぎる“女優枠”友達と私生活

イモトアヤコ

ドラマ『下町ロケット』(TBS系)に出演中の“女優”イモトアヤコの存在感が高まっている。イモトが演じるのは、創業5年のベンチャー企業・ギアゴーストの副社長兼技術者・島津裕。主人公の佃航平にも深く関わる重要な役どころで、ネット上でも、その演技が話題を集めている。

 『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での“珍獣ハンター”のイメージが強いが、イモトが女優としてデビューしたのは2010年の『99年の愛』(TBS系)だった。

「'14年にはドラマ『最高のおもてなし』(日本テレビ系)で初主演。それからはほぼ毎年のようにドラマに出演しています。といっても、海外ロケが多いので年に1本程度ですが」(テレビ誌ライター)

 その後、北川景子が主演する連続ドラマ『家売るオンナ』では、トレードマークの太い眉もなく、北川に喝を入れられる新人の営業ウーマンを熱演し、'17年にはNHKのドラマ『あなたにドロップキックを』でも主演を務めた。

 女優・イモトがクローズアップされるにつれて、話題になったのはその交友関係だ。有名なのは「アヤコ」「結子さん」と呼び合う仲の竹内結子との親密ぶり。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)