岩崎恭子の“地味不倫”がウケた背景に「やっぱり下世話好き」な視聴者心理

岩崎恭子の“地味不倫”がウケた背景に「やっぱり下世話好き」な視聴者心理

岩崎恭子

'92年バルセロナオリンピックの水泳金メダリスト・岩崎恭子氏の“不倫・離婚騒動”が話題になっているのが、ちょっと意外だ。

 競泳女子200m平泳ぎに出場し、史上最年少(14歳6日)での金メダル獲得。今もその記録は破られていない。また、日本選手として五輪でのメダル獲得では最年少記録でもあり、レース直後に受けたインタビューで、

「今まで生きてきた中で、一番幸せです」

 と語り、日本中を沸かせたものだった。しかし、26年も前の話で、いまの若い人は、当時のことをほとんど知らないだろう。

 '09年、元ラグビー日本代表の斉藤祐也と結婚し、現在はスポーツコメンテーターとしてたまにテレビ出演しているくらいのもの。街ですれ違っても、気づく人は少ないのではないだろうか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)