木村拓哉が3年ぶりに“声帯リハビリ”で、「SMAPを歌い継ぐ」可能性

木村拓哉が3年ぶりに“声帯リハビリ”で、「SMAPを歌い継ぐ」可能性

ボイトレで“歌筋”も戻り、“準備万端”?

11月5日に公開された、『そごう・西武』のクリスマスプロモーションのPR動画で、久々に歌声を披露した木村拓哉。

 彼が最後に歌ったのは、そう。'15年12月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)最終回で、5人で歌った『世界に一つだけの花』以来のことだ。

「番組企画で多少歌ったことはあっても、俳優業がメインとなった木村さんが仕事として“歌手”になったのは実に3年ぶり。ソロ活動後は顔もどこか重苦しく見えていましたが、ギターを弾きながら子どもたちと歌う穏やかな表情が印象的。やはり歌うことが好きなのでしょう。どうやら“歌筋”も戻ったようですから(笑)、歌手活動“再開”に期待ですね」(レコード会社関係者)

 SMAP解散後もジャニーズ事務所に残り、映画に2本出演、来年1月には『マスカレードホテル』の公開を控えている。番組宣伝などでテレビ出演することも多かったのだが、ネットを中心に《人相が変わった》《老けた》など、顔の変化を指摘する声も多く見受けられた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)