《さよなら平成》天災に見舞われた後期、消える芸人続出で記憶に残る言葉も「不作」

《さよなら平成》天災に見舞われた後期、消える芸人続出で記憶に残る言葉も「不作」

「お・も・て・な・し」滝川クリステル

小渕恵三官房長官(当時)が「新しい元号は『平成』であります」と発表してから30年。その平成が幕を閉じようとしている。平成を彩った言葉たちをナビゲーターにして、30年を振り返ってみよう。最後は平成21年から平成30年まで。

 平成も終盤、最近の言葉を振り返りたいが、さて、どんな言葉が思いつくのか?

「ここ数年は不作ですよね。記憶に残る言葉が生まれてこない」とは自由国民社の清水均さん。

 小さなヒットはあるがホームランが出ていないという。

 唯一、豊作だったのが平成25年で、この年は流行語の年間大賞が4本出た。これは34年続く中でも初めてだそうだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)