「彼のお腹の肉がボンと当たり、恋の魔法は解けた」婚活女性の “女脳” の仕組み

「彼のお腹の肉がボンと当たり、恋の魔法は解けた」婚活女性の “女脳” の仕組み

写真はイメージです

“アバタもエクボ”という言葉がありますが、人を好きになるのは、恋の魔法にかかるようなものです。欠点さえも愛おしくなるのが、恋愛です。
 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『恋の魔法が解ける瞬間』です。

 会員の内田陽平さん(33歳、仮名)は、井上博美さん(35歳、仮名)と真剣交際に入って、1か月が経ちました。

 毎日、LINEで連絡を取り合い、週末はデートを重ね、交際は順調そうでした。「結婚後は、二人の通勤を考えて、住むならこのへんがいいね」と結婚後に住む地域を絞り込んでいたりもしたので、陽平さんは、順調に交際が進んでいると思っていたのです。

 ところが、毎日きていたLINEが日曜日のデートを終えた後からこなくなりました。陽平さんは心配になったのか、火曜日の昼間、私に連絡を入れてきました。

「なんだか嫌な予感がします。博美さんの相談室にご連絡をして、様子をうかがっていただけませんか」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)