大原櫻子、大御所声優の実父が “モンペ” すぎて業界では「使いづらい」評価

大原櫻子、大御所声優の実父が “モンペ” すぎて業界では「使いづらい」評価

大原櫻子

今年の9月末、所属事務所との契約が終了し、10月1日から個人事務所を設立した女優で歌手の大原櫻子。

 '15年と'16年には、ともにフジテレビの月9ドラマ『恋仲』『好きな人がいること』に出演。'15年末には歌手としてNHK紅白歌合戦に出場するなど、若手の実力派として知られている。

「大原は、過去6年間で数回の事務所移籍を経験していますが、そのウラには父親で声優の林田尚親が大きく関わっているんです。

 林田は現在、『報道ステーション』(テレビ朝日系)や『行列のできる法律相談所』『嵐にしやがれ』(ともに日本テレビ系)など多数のナレーションを担当する大御所声優なんですよ」(芸能プロ関係者)

 デビュー当初に所属していた『藤賀事務所』と、次に移籍した『フジパシフィックミュージック』での出来事について、前出の芸能プロ関係者が次のように明かす。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)