津川雅彦さん、芸能レポーターが明かす朝丘雪路さんとの“常識では測れない絆”

津川雅彦さん、芸能レポーターが明かす朝丘雪路さんとの“常識では測れない絆”

合同お別れ会は晴れやかな空気に包まれていたという

「津川〜!」「朝丘〜!」

 参列者からの掛け声と盛大な拍手の中、式典は終了。津川雅彦さんと朝丘雪路さんの合同お別れ会は、晴れやかな空気に包まれた。

「津川さんは以前から“葬儀は祭りだ!”と話しており、華やかな式典を望んでいました。会場はトルコキキョウやカーネーションの花束4000本に埋め尽くされ、関係者や友人ら約1100人が明るくふたりを送りました」(スポーツ紙記者)

 今年4月27日に朝丘さんが亡くなり、津川さんも8月4日にあとを追った。

「日本画家の伊東深水を父に持つお嬢様育ちの朝丘さんは、宝塚の娘役出身。『11PM』(日本テレビ系)でアシスタントを務め、“ボインちゃん”というニックネームで人気になりました。津川さんは映画『狂った果実』で本格的にデビューしたスター俳優。ふたりは'73年に結婚し、おしどり夫婦として有名でしたね」(映画ライター)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)