他者の目が怖い人は「視線耐性」が低下中!? “自信が持てる自分”に変わるには

他者の目が怖い人は「視線耐性」が低下中!? “自信が持てる自分”に変わるには

※写真はイメージです

「今日はお肌の調子がよくないから、外に出たくない」「ノーメイクだと近所のママ友に会いたくないから、帽子を目深にかぶってスーパーに行こうかな」などなど、誰かの視線を気にするあまり、消極的な行動に出てしまうことってありませんか?

 そんなアナタは“視線耐性”が低下している可能性があるので十分ご注意を!

 実は「相手の視線に耐える力」を意味する“視線耐性”という言葉が注目を集めつつあるんです。

「昨今、ストレス耐性から派生して生まれた言葉です。ストレスにはたくさんの要因がありますが、他者からの視線もそのひとつ。その耐性が低下している人が若い世代を中心に増えているのです」

 そう教えてくれたのは、早稲田大学国際教養学部・森川友義教授。'08年から同大学での講義「恋愛学入門」が話題を呼び、恋愛に関する多くの著書がある恋愛学のエキスパートだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)