ジャニーズ事務所で相次ぐ解雇・退所・活動休止、アイドルを続けるのはなぜ難しいのか

ジャニーズ事務所で相次ぐ解雇・退所・活動休止、アイドルを続けるのはなぜ難しいのか

写真はイメージです

SexyZoneの松島聡が、当面の芸能活動休止を発表した。パニック障害を理由にあげるが、10月にはKing & Princeの岩橋玄樹が同様の理由で活動休止したばかりだ。

 11月30日には、ジャニーズJr.内のユニット『Love-tune(ラブ・トゥーン)』の解散とメンバー7人の退所が発表され、ファンの間で動揺が広がっている。

 2018年は、元TOKIOの山口達也が強制わいせつによる芸能界引退をはじめ、タッキー&翼の解散と、滝沢秀明の芸能界引退、今井翼の事務所退所。

 そして関ジャニ∞の渋谷すばるのグループ脱退と退所、Hey! Say! JUMP岡本圭人の海外留学による活動休止と、多くのジャニーズタレントが新たな道へと歩き始めた一年だった。

 現在活動するジャニーズのグループの中で、デビュー当時のメンバーのまま活動しいるのは、KinKi Kids、V6、嵐、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTの6組。デビュー10年を越え、オリジナルメンバーでの活動を続けているのは、KinKi Kids、V6、嵐の3組となる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)