滝沢秀明、直訴で叶った最後のカウコン後にやってくる「本当の使命」

滝沢秀明、直訴で叶った最後のカウコン後にやってくる「本当の使命」

タッキー&翼の最後の舞台は、ジャニーズカウントダウンコンサートで見納めに(写真はイメージです)

ジャニーズ事務所にとって、今年は本当に受難の年だったと思います。

 元TOKIOの山口達也メンバーが強制わいせつ罪で芸能界を引退、タッキー&翼の解散と滝沢秀明の芸能界引退と今井翼の事務所退所、関ジャニ∞の渋谷すばるのグループ脱退と退所の決意、Hey! Say! JUMP・岡本圭人の海外留学による活動休止。

 そして、11月にはKing & Princeの岩橋玄樹、12月にはSexy Zoneの松島聡、両者ともにパニック障害による体調不良のため活動休止を発表し、芸能ニュースをにぎわせました。

 スポーツ紙で先日、大々的に報じられましたが、大みそかの滝沢秀明の引退の日に、タッキー&翼が一夜限りで再結成されることが明らかになりました。

 滝沢は12月5日、自身の地元の東京・八王子でディナショーの初日公演を行いました。その際、関係者は「きょうはサプライズの発表があるから」と、開演前からもらしていたそうです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)