肉じゃが、おでん、おはぎまで!? ホットサンドは組み合わせで無限においしい!

肉じゃが、おでん、おはぎまで!? ホットサンドは組み合わせで無限においしい!

大林千茱萸 撮影/廣瀬靖士

ホットサンドといえば、昭和っぽい喫茶店のメニューに、サンドイッチと並んでいるアレ。具はハム&チーズの1種類。週女世代にはなつかしいホットサンドが今、若者に大人気で、専門店まで登場する勢いだ。TBSのテレビ番組『マツコの知らない世界』では、あの食にうるさいマツコが大絶賛!「今年食ったものの中で一番うまい!」とまで言い切ったのである。

 喫茶店のアレがそんなにおいしいの? と疑問を抱きつつ、本書を広げてみると、おいしそうなホットサンドがズラーリ! 常識をくつがえす画期的なレシピ集なのだ。

 手がけたのは、マツコの番組に登場した「ホットサンド倶楽部」部長、大林千茱萸(おおばやし ちぐみ)さん。映画『転校生』『時をかける少女』で知られる大林宣彦監督のひとり娘。

 自身の監督作『100年ごはん』の監督では食の知識を生かし、“映画を見て+同じ釜の飯を食べ+語り合う”というオリジナルな上映方法で、消費者と生産者をつなぐ活動をしている。

 本書はホットサンドレシピ集第2弾。大林さんの初版は世界初のホットサンド本として大人気となり、韓国でも出版。火つけ役として近年のホットサンドブームを牽引(けんいん)する存在だ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)