フィフィ、相次ぐジャニタレ休養に「問題は日本の芸能界特有のストレス」

フィフィ、相次ぐジャニタレ休養に「問題は日本の芸能界特有のストレス」

一見華やかにみえる芸能界だが……

【タイムリー連載・フィフィ姐さんの言いたい放題】パニック障害による、ジャニーズタレントの一時活動休止の発表が相次いでいる。11月初旬にはKing & Princeの岩橋玄樹、続く28日にはSexy Zoneの松島聡が、パニック障害の治療に専念するため一時活動休止することを発表した。同じ“日本の芸能界”にいるフィフィは、日本のタレント、そしてジャニーズが置かれる立ち位置にその要因があると考える−ー−。

☆ ☆ ☆

 芸能界にはいろんなストレスがあるけど、特にジャニーズ事務所に所属するタレントならではのストレスだな、と思うのは、“いきなり売れること”によるもの。

 Jr.時代から、“ジャニーズ”という枠に対するファンがずっと付いているから、いわゆる下積み、売れない時期というのが他のタレントさんと比較して少ないでしょ? 

 いきなりグループを結成して、名前をもらってデビューして、その時点でもうファンが付いている。そして、ジャニーズのプロモーション力も手伝って、さまざまな番組に出まくることで、爆発的に注目されるようになる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)