『まんぷく』14歳役でも違和感ない岸井ゆきの(26)、普段は年齢確認される?

『まんぷく』14歳役でも違和感ない岸井ゆきの(26)、普段は年齢確認される?

岸井ゆきの 撮影/森田晃博

NHK連続テレビ小説『まんぷく』で、克子(松下奈緒)の娘で福子(安藤サクラ)の姪(めい)・タカを好演する岸井ゆきの(26)。実年齢は26歳ながら、149cmの小柄な体形と演技力を生かし、14歳役でも違和感のなさに話題沸騰中!

「普段は未成年に見られることはなくて、年齢確認をされることもありません(笑)。なのでお話をいただいたときは、私に演じられるのかなと不安だったので、ここまで話題になるとは思っていませんでした。劇中では14歳から40歳ぐらいまで演じるので、年齢を重ねていく過程も見てほしいですね」

 福子に頼まれ、週末だけ製塩所を手伝うなど家族思いの役どころだが、自身が14歳のときは真逆だったようだ。

「ちょっと鬱屈(うっくつ)していて、いわゆる“中2病”という感じの背伸びした女の子でしたね(笑)。時代が違うとはいえ、タカちゃんはいつも家族のことを考えていて、えらいなあと思っています」

 彼女以外のきょうだい役は子役が演じているが、年齢差を感じることは?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)