滝沢秀明、直訴してまで「タキツバでカウコン出演」の背景に “裏の思惑”

滝沢秀明、直訴してまで「タキツバでカウコン出演」の背景に “裏の思惑”

大晦日に「翼とラストライブ」宣言した滝沢の思惑とは?

「12月31日、カウントダウンライブに出演します。タキツバで!」

 12月5日、東京・京王プラザホテル八王子でディナーショーを開催していた滝沢秀明。その場で、9月に解散した『タッキー&翼』が一夜限りで“再結成”することを明かした。

「タッキーは年内で芸能活動を引退し、Jr.の育成やプロデュース業など裏方に専念。今井翼は、メニエール病の療養に専念することを目的としてジャニーズ事務所を退所しました。タッキーはさっそく来年2月に始まる舞台『滝沢歌舞伎ZERO』から演出に専念する予定です」(スポーツ紙記者)

 別々の道に進むことを決めたふたりだったが、周囲の声もタキツバ再結成を後押ししたという、

「解散した際に、周囲から“ラストステージをやらないの?”という声が上がっていました。ファンからも“ふたりの姿が見たい”と要望が殺到したそうです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)