新垣結衣が『獣なれ』撮影で “現場全員” を虜にした、思いもよらぬアドリブ

新垣結衣が『獣なれ』撮影で “現場全員” を虜にした、思いもよらぬアドリブ

11月下旬の夜、行きつけのバー『5taps』の前で撮影中の新垣結衣松田龍平

歴史ある寺院の近くにあるその住宅街は、都心からさほど離れていないにもかかわらず、古きよき東京の景色を色濃く残す。普段は静かなこの一角で、ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の撮影が行われていた。

「もともと質素な造りの木造古民家に、少し前から西洋風の外壁が増築されていって。新しくお店でもできるのかな、と思ったら『獣なれ』のロケが始まったんです。1週間に1回くらい通行人を規制しながら撮影してますよ」(近所の住民)

 新垣結衣演じる晶と、松田龍平演じる恒星が出会うバー『5tap』。物語の重要な場所となるロケ地がこの場所だったのだ。

「11月末には、12月5日に放送された第9話の雨が降るシーンの撮影が行われていました。スタッフさんたちが機材の準備をしている間、新垣さんと松田さんはベンチに横並びに座っていたんですが、ふたりとも無言で、ボーッと前を眺めていて、なんかシュールでしたね(笑)」(同・近所の住民)

 世間体や常識、あらゆるしがらみから逃れられず、本能の赴くままの“獣”になりきれない登場人物たち。撮影は佳境を迎え、晶がパワハラの絶えない社長に反撃に出るが、現場は対照的にほんわかムードだという。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)