上沼恵美子の“女帝”報道が過熱するなか、スタッフが語る「真逆の素顔」

上沼恵美子の“女帝”報道が過熱するなか、スタッフが語る「真逆の素顔」

久保田の口禍から始まった騒動だが……

とろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智による『M―1舌禍騒動』が勃発して10日が過ぎたが、事態はまだ収まる気配がない。

 発言が注目されていた上沼恵美子がようやく口を開き、9日、自身がMCを務める番組で「暴言だなんて言ってますけど、全然結構です。悪いですけど、興味ないんです」と、コメント。

 しかし、その「“興味ないんです”こそが実は一番怖い」というのは在阪テレビ局プロデューサー。

「相手にしてないということは、“彼らを芸人としても認めていない”、謝罪を受け入れないことについては、深読みかもしれませんが“絶対許さない”という意味だと取る方も周囲にはいます。ご本人の意向ではなくとも、関係者側が気を回して“忖度”するんです」

 彼女が実際にどう思っているのか、その真意はわからない。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)