M-1暴言騒動で “空気化” した王者・霜降り明星の本当の実力

M-1暴言騒動で “空気化” した王者・霜降り明星の本当の実力

霜降り明星(左・せいや、右・粗品)

とろサーモン久保田と、スーパーマラドーナ武智が、インスタライブ上で発した『M-1グランプリ2018』審査員の上沼恵美子を批判する発言が大きな問題となり、現在もメディアを賑わせている。

「この騒動があまりにも大きくなり、肝心の王者である『霜降り明星』の影が薄くなってしまったことが気の毒ですね」

 と、あるテレビ関係者は言う。

「当たり前の話ですが、実力が評価され王者は誕生します。しかし、漫才の実力と、地上波バラエティでの人気は比例しない場合があり、よく『近年のM-1王者はイマイチ売れない』と言われることがあります」

 違う形であらためて注目を集める形となった、昨年の王者は、とろサーモン。さかのぼると、2016年は銀シャリ、2015年のトレンディエンジェル、2010年の笑い飯、2009年パンクブーブー……。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)