親に抗い、ひきこもりを脱出した34歳男性「父親の望む生き方をするつもりはない」

親に抗い、ひきこもりを脱出した34歳男性「父親の望む生き方をするつもりはない」

写真はイメージ

現在、全国に100万人いると推測されるひきこもり。その素顔が知りたくて、当事者やその親御さんとゆっくり話をしてきた。第1シリーズ最終回を迎えた第6回は、親との衝突に悩んだ当事者と、ひきこもりに詳しい精神科医の話をもとに自覚が難しいとされる『社会的ひきこもり』について考えたい。
(ノンフィクションライター 亀山早苗)

「世の中、偏見に満ちているんですよ。ひきこもりを引きずり出して働かせるのが支援だと思ってる。それじゃ、ひきこもりは減りません」

 木村ナオヒロさん(34)は、当事者や親たちに情報を発信する『ひきこもり新聞』の主宰者だ。大柄で一見、威圧感がありそうだが、表情は穏やかで話し方もソフトである。冒頭の言葉も、彼の経験から出た真摯(しんし)なひと言だ。

 祖母、大手企業に勤める父親、教員の母、妹との5人家族で育った木村さんは、幼いころからワンパクだった。中学では陸上をやっていたが喘息(ぜんそく)で中断。高校ではバレー部に所属したものの先生とケンカをしてやめたという。大学受験に失敗すると、家で浪人生活を送るようになった。

「最初は快適だったんですが、だんだん勉強の仕方がわからなくなっていって、うつ状態に。宅浪(家で浪人生活を送ること)は、やはりちょっと病的になりますね」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)