<2019年芸能界>トクする人ソンする人 剛力彩芽は結婚しても別れてもトク!

<2019年芸能界>トクする人ソンする人 剛力彩芽は結婚しても別れてもトク!

写真左上から時計回りに小倉優子、剛力彩芽、小林麻耶、前田敦子、Koki,、上沼恵美子

2018年もいろいろあった芸能界。多少の逆風に見舞われても、場合によってはそれが思わぬプラスになる不思議な世界でもあります。そこで、今年、話題をさらった芸能人のみなさんの今後が、「芸能人として」プラスかマイナスかを予想してみようと思います。

 芸能人が雲の上の存在だった時代は終わり、現在では「いかに親近感を感じさせるか」が、ポイントになってきているように思います。それでは親近感を獲得するには、どうしたらいいのでしょうか。それは完璧ではなく、ある程度の傷や抜けをさらして、「私と同じだ」と思わせることだと思います。冷静に考えれば、名前を知られている芸能人と一般人があらゆる意味で同じなわけはないのですが、そう思わせるテクニックが必要とされているのです。

 総資産3000億円越えのセレブ、株式会社ZOZOの創業者にして代表取締役社長の前澤友作氏との交際が発覚した際は、ネットで「やっぱりカネか」と大ブーイングが起き、さらに前澤氏とのデートをこれでもかとインスタに載せる姿に剛力の好感度まで下がってしまいます。ここまでなら、芸能人としてマイナスですが、剛力は只者ではなかった。

 バッシングに耐えかねたのか、前澤氏がツイッターで反論をはじめます。もちろん、前澤氏には自分の意見を言う権利があるわけですが、ツイッターで「前澤友作を応援したいか、したくないか」という意見を募る姿を見ると、ちょっと社長さん、落ち着いてと言いたくなる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)