ジャニーズの2018年を回顧:相次いだ衝撃ニュースと「去る者は追わず」の未来志向

ジャニーズの2018年を回顧:相次いだ衝撃ニュースと「去る者は追わず」の未来志向

写真はイメージです

2018年のジャニーズは、辞めたり休んだりと大きな転機を迎えることになったタレントが相次いだ年となった。

 4月の元TOKIO、山口達也の未成年への強制わいせつ容疑での書類送検は、世間に大きな衝撃を与えた。ある芸能ジャーナリストは言う。

「『ザ!鉄腕!DASH!!』や『幸せ!ボンビーガール』など、視聴率のいい番組への出演からもわかりますが、山口はジャニーズファン以外からの好感度も非常に高かった。

 それなのに情報番組『ZIP!』(いずれも日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務める立場で、自ら司会をする10代の若者の本音トークを繰り広げる『Rの法則』(NHK Eテレ)に出演中の女子高生に、手を出してしまった。

 アルコール依存症であったことも含め、好青年風のキャラからのギャップがあまりにも大きかったです。逮捕歴のある、元SMAPの稲垣吾郎や草なぎ剛のように、活動休止後に復帰というわけにはいきませんでした」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)