箱根駅伝“32人抜き”の村澤明伸、次なる狙いは東京五輪! 「世界の舞台で活躍したい」

箱根駅伝“32人抜き”の村澤明伸、次なる狙いは東京五輪! 「世界の舞台で活躍したい」

日清食品グループ陸上競技部(東海大OB)村澤明伸さん

'17年8月。北海道マラソンで優勝し、東京五輪のマラソン代表を選考するために設けられたレース・MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナリスト第1号となった村澤明伸さん('10 〜'12年・東海大)。

 端正な顔立ちに、軽やかな走り。前を走るランナーはあがこうともとらえられ、置いていかれる。箱根駅伝の醍醐味のひとつ“ごぼう抜き”で見る者の胸を熱くさせた選手が東京五輪を狙っている。

「実際に走るまで、箱根駅伝を特別意識したことはなかったです。全日本インカレなど、そのときどきの目の前のレースが、僕にとっては大切だったので」

 箱根駅伝予選会では1年生ながらトップでゴール。本選ではエースが集う2区で10人を抜いた。2年次も2区を担い、20位で襷を受け取ると、怒濤の17人抜きを達成。MVP(金栗四三杯)に輝いた。

「どういう基準で選ばれるのかわかりませんが、もちろんうれしかったですよ」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)