青学・原監督、主将が故障も箱根V5への自信崩さず! “地味メン”らが今や「みんなエース」

青学・原監督、主将が故障も箱根V5への自信崩さず! “地味メン”らが今や「みんなエース」

青山学院大学の原晋監督

2019年1月2・3日。第95回箱根駅伝の号砲まであとわずか。

 優勝候補の筆頭は、2015年から王者に君臨し続ける青山学院大学。史上3校目となる5連覇を達成するのか。さらに史上初となる“2度目の大学駅伝3冠”をやってのけるのかに注目が集まっている。

 同大学の原晋監督(51)は例年以上に自信に満ちあふれている。その鼻息は読売新聞社前から芦ノ湖まで届きそうな勢いだ。

 まずは12月10日。『第95回箱根駅伝 監督トークバトル』(東京・恵比寿ガーデンプレイス)では、恒例となった作戦名を高らかに発表。

「監督就任15年目です。箱根駅伝95回大会です。5度目の優勝。キーになる区間は5区。ライバルチームはゼッケン5番の東海大学かな。私たちは、“アチチ、アチ”と燃えております。郷ひろみさん……じゃないですが、名付けまして『ゴーゴー大作戦』です」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)