平成最後のジャニーズカウコン、聖地の“リアル”と2019年への期待

平成最後のジャニーズカウコン、聖地の“リアル”と2019年への期待

ジャニーズカウントダウン2018-2019/筆者撮影

2019年1月1日。昨年は所属タレントの退所、休養、ユニット解散など波乱が相次いだジャニーズも新年を迎えた。2018年、総括の舞台は毎年恒例のジャニーズ・カウントダウン・コンサート(以下カウコン)。東京ドームで開催されたカウコンは、昨年で20回を数えた。

 司会を国分太一さん(TOKIO)、井ノ原快彦さん(V6)が務め、メインの出場者はV6、嵐、KAT-TUN、関ジャニ∞、山下智久さん、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズ WEST、King & Prince、近藤真彦さん、東山紀之さん、ジャニーズJr.(SixTONES、Snow Man、Travis Japan、なにわ男子)ら。

 元旦に40歳の誕生日を迎えた堂本光一さん、そして生田斗真さん、風間俊介さん、長谷川純さんも駆けつけ、解散を発表した“タッキー&翼”も一夜限りの復活を遂げた(大阪・京セラドームで単独カウコンを行ったNEWSは、中継で参加)。

 20年目の東京ドーム。これでステージに立つ姿は見納めとなったタキツバ……滝沢秀明さん、今井翼さん。

 涙と感動が渦巻いたカウコンから一夜明け、今なおファンの興奮は冬の冷気をものともせず立ち上っている。だが、“祭りのあと”特有の、ほのかなさみしさもそこにある。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)