箱根駅伝から東京五輪選手へと羽ばたくのは!? 和田正人も注目の5大有力候補をチェック

箱根駅伝から東京五輪選手へと羽ばたくのは!? 和田正人も注目の5大有力候補をチェック

※写真はイメージです

来る2020年・東京五輪で、マラソン代表選手を選考するために設けられたのが『マラソングランドチャンピオンシップ』(MGC)。代表3枠のうち2枠が決まる一発レースが'19年9月15日に開催される。

 MGCの出場権を獲得するには“MGCシリーズ”、もしくは“ワイルドカード”の2パターン。いずれも指定の大会で、規定タイムや順位をクリアした者のみに与えられる。その厚い壁を突破し、代表候補に名乗りをあげているランナーは21名(※12月14日現在)。なんと、うち18名が学生時代に箱根路を駆け抜けている。いま、代表の座に最も近いのは? 

 箱根駅伝に2度の出場経験がある、俳優の和田正人さんに聞いた。

「大本命は、大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト/早大)です。10月の『シカゴマラソン』で2時間5分50秒の日本新記録を樹立。ストイックさ、負けず嫌いさなど、日本にいたときからの群を抜く素質に加え、渡米して最先端の環境に拠点を移し、さらに走りに磨きがかかりました。

 とにかく勝つこと、外国人に負けないこと。その意識が全然違う。日本記録保持者であること以上に、それが彼の強さです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)